BiSHの「オーケストラ」が泣けて泣けてしょうがないからブログ書いた

2016.09.14 Wednesday

0

    いやー、BiSHの「オーケストラ」が本当に良い。良すぎて久しぶりにブログ書く気になりました。

    「オーケストラ」はBiSHのメジャーファーストアルバム「KiLLER BiSH」のリード曲なんですが(ちなみに「KiLLER BiSH」自体も名盤なので是非)、泣きの松隈サウンドとBiSHらしからぬ美しい映像のPVがビッタリとマッチしていて素晴らしい!ていうかとりあえず見てみてください!

     

     

    りーめろ先輩とかキャスティングもナイスですね・・。iTunesで先行配信されていたので曲先行で聴いていたんですが、PV見てから、よりどっぷりと「オーケストラ」にハマってしまいました。このPVの何が凄いって、BiSHをこれまで聴いたことがない、知らない人が見ても(ある意味普遍的なPVなので)十分楽曲の魅力が伝わる構成になっているという所と、BiSHをこれまで見てきた人(いわゆる清掃員)にとっては深読みしちゃうようなPVになってるんですね。というのも、このPV、今年の6月に脱退したオリジナルメンバーの「ハグ・ミィ」にあてたメッセージにも読み取れる内容がたくさん含まれてるんですよね。(オーケストラ自体がハグ・ミィの事を歌っているように聞こえる)深読みしちゃうポイントをちょっとまとめます。

     

    1.「オーケストラ」自体が別れを歌っている曲である

    メジャーデビューしておよそ一ヶ月での脱退になったハグ・ミィなんですが、プロデューサーの渡辺淳之介氏も「いまだになんで辞めたかわかんない」と言ってたり、突然の別れ感が半端なく、歌詞ともリンクしている感じがする。ちなみにハグ・ミィの清掃員に向けたニコ生最後の言葉は「最後にSEXしたのは二日前」

     

    2.振り付けの冒頭に「ハグ」をするシーンが入っている

    オーケストラの振り付けはメンバーの「アイナ・ジ・エンド」が作ったようなので、意図的に入れたのかなあと。

     

    3.PVの最後のメンバーの立ち位置で一人分空きがある!

     

    このシーンみて上記の妄想にたどり着きました。ありがとうございました。

     

    と、ここまで勢いで書いたものの、たぶん製作陣にそんな意図はなく、最後の一人分スペースがある問題も単純にハシヤスメがインターバル広げすぎただけな気もしています!でも妄想でここまで楽しめたんだからいいじゃない!

     

    僕からは以上です。

    BiSHのnerve

    2015.12.12 Saturday

    0


      なんとなく見る気になれなくてスルーしてたんだけど、ハマってて良かった。
      何よりも生nerveをまた体験出来るかと思うと嬉しい。

      そして一番気になったのはずっとカメラを回してるカンパニー松尾さんの姿。

      ドキュメンタリー作ってる?

      バック・トゥ・ザ・フューチャー in コンサートに行ってきた

      2015.11.23 Monday

      0
        iPhoneImage.png

        ずっとずっと心待ちにしていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー in コンサート」に行ってきた。

        バック・トゥ・ザ・フューチャー in コンサートは、『シリーズ1作目を"全編生演奏で観る"』という、
        なんとも贅沢なコンサート。

        バック・トゥ・ザ・フューチャーはビデオ、DVD、Blu-rayとBOXが出るたび買い直し、
        観てないという人がいればBOXを買って強制的にプレゼントするくらい最高に愛している作品。

        しかしながら1作目が公開された1985年は4歳で劇場での鑑賞は未だに未体験。
        三ツ矢雄二さんと穂積隆信さんのマーティ&ドクで育った世代だ。録画されたVHSはそれこそ擦り切れるくらい見た。
        そんな大好きな作品を大スクリーンで、しかも生演奏で見れるということもあって、チケットが発売されてからの
        数ヶ月間、本当に楽しみで楽しみで仕方なかった。

        当日のコンサートはドレスコート(強制ではない)があり、マーティやドクのコスプレや、
        80'sぽい格好をしている方が多数いた。残念ながらそこまでやる勇気はなかったのだけど、自分の持ってる服で
        最大限それっぽいシャツを着て、シャツの中にはユニクロで買ったバック・トゥ・ザ・フューチャーTシャツを着込んで
        人知れず気分を盛り上げた。一緒にいった@extrahot718は、救命胴衣っぽいダウンジャケットを着ていた。

        会場で、minneのCMソングを歌ってくれたことでもおなじみのYeYeちゃんとお兄様と合流。

        iPhoneImage.png

        緊張しながら会場に入り席を探す。「わりと良い席だと思うよ」なんて阿部(@extrahot718)が言っていたが
        良い席なんてもんじゃない。前列のど真ん中。演奏も映像もベストで見れる座席だった。

        開演のブザーがなり、演奏が始まるその時を待つ。
        するとあのとぼけた声が会場に鳴り響いた。「三ツ矢雄二さんや!!!」
        コンサート前の前説のナレーションは、なんとあの三ツ矢雄二さん。これだけでも涙腺崩壊しそうだった。




        フルオーケストラの音の重圧とスクリーンでの映像で、あっという間の2時間弱!
        初めて大画面で観たからか、「あれ?こんなカットあったっけ?」「表情の演技細かい!」などの
        新しい発見もたくさんあり、生演奏によって感情が揺さぶられ「魅惑の深海パーティ」シークエンスの最後、
        ジョージとロレインのシーンでは泣きそうになってしまった。

        iPhoneImage.png
        時計台の幕を持参してきてる方がいらっしゃったので記念撮影。

        今回体験した「映画+生演奏」というスタイルは、日本でも盛り上がっているようで
        来年にかけて「インディジョーンズ」や「ET」、「タイタニック」などの上演が決まっているらしい。

        かなり感動出来たので、好きな作品が同様に上演される場合はまた是非行きたい!


         

        JPN

        2011.12.15 Thursday

        0

          PerfumeのJPNが発売されて二週間くらいでしょうか。
          この二週間JPNしか聴いていません。なんだこのアルバムは、殺す気か。

          今回のアルバムってバキバキの曲全然ないんですね。カッコイイというより、フンワリした可愛い感じの曲がいいんですが、それがまたいいんですよ。
          中田ヤスタカさんが書く歌詞は、男性だからこそ書ける、男性ならではの男心を掴むフレーズが超心地いいし、超切ないです!(意味わからん)

          Perfumeはダンスパフォーマンスも一緒に観てこそ完成系なんだ!くらいに思ってましたが、JPNは曲だけでグイグイもってかれます。

          575とかはシングル収録時はそこまで意識して聴いてなかったんですけど、アルバムの流れで聴くとやばいくらい染みました。

          来年のさいたまスーパーアリーナに(副社長のおかけで)参戦することが決まっているので、それまでに5000回くらい聴いて予習しておきます。

          JUGEMテーマ:Perfume

          love the world(初回限定盤)(DVD付)

          2008.07.09 Wednesday

          0
            love the worldもいいけど、edgeのバッキバキ感がやばい。 くせになる。