北欧、暮らしの道具店「BRAND NOTE」にminneの記事が出ています。

2016.02.24 Wednesday

0

    国内のECサイトでも圧倒的な人気を誇っている「北欧、暮らしの道具店」さん。
    ここ数年オリジナルのコンテンツを作り続けられており、ショッピング目的の方のみならず、北欧さんの提案するライフスタイルに共感し、更新されるコンテンツを楽しみに来訪される方も非常に多いショップ様です。

    北欧さんは、ペパボの提供する「カラーミーショップ」をご利用いただいており、様々な側面で、それこそ古くからお付き合いがあるショップ様です。
    ※我々が開催している「ネットショップ大賞」でも2014年度に大賞を受賞されています。

    そんな北欧さんが、昨年の夏ごろから「BRAND NOTE」という企業との記事広告コンテンツをスタートされました。minneには「BRAND NOTE」開始当初よりお声がけいただいており、年を跨いでしまいましたがこの2月に3記事のタイアップコンテンツを制作いただきました。

    【BRAND NOTE:minne編】
    第1話(2月22日) そこに “想い” があるから、わたしたちはハンドメイドを選びます。
    第2話(2月23日) 子育てって大変だから。しあわせを感じる子供服を届けたい。
    第3話(2月24日) わたしたちもハンドメイドを体験してみました!


    お声がけいただいた当初から、タイアップさせていただきたいという気持ちはありつつも、minneの当時のステータスとしてはWebサービスからスマホアプリへのシフトを図っていた時期ということもあり、少し時期尚早と感じていました。

    元々ペパボやminneを立ち上げた阿部と関係性の深い「北欧、暮らしの道具店」さんに、minneをご紹介いただくことは、これまでとは違った一面をお届けできるとは確信していましたし、今後minneが訴求していきたい「お買い物体験の最大化」というコンセプトに合ったアプローチができると考え、このタイミングで出稿をお願いすることにしました。

    私も取材に同行させていただきましたが、長年一緒に働いている阿部の知らない部分を垣間見れたりして、非常に濃い内容(濃すぎて記事自体はシンプルにまとめていただいていますが)になったと思います。

    北欧、暮らしの道具店のファンの皆様にもこの記事をきっかけにminneや、ハンドメイド作品に興味を持っていただけると嬉しいです。

    iPhoneImage.png
    オフショット。阿部の家、本当に物なかった


     

    スポンサーサイト

    1970.01.01 Thursday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL