ペパボの開発合宿「お産合宿10」に参加してきた

2016.09.17 Saturday

0

    毎年恒例のペパボお産合宿が今年も9月14日〜15日の二日間で行われました。

     

    お産合宿とは

    「お産合宿」はデザイナーやエンジニアなどの「クリエイター」という枠にとらわれず、普段は別々の仕事をしているさまざまな職種のスタッフが、所属する部署や職種を飛び越えてチームを作り、自分たちが「もっとおもしろくできる」と思うものを存分に作る、そんな合宿です。

     

    久しぶりに参加したのですが、今年は同じ部署のウマヅラさんと、minneで働くキュートなしべちゃんとチームを組んで、「VR動画」を作ってみることにしました。なんでVR?って感じだと思いますが、いよいよ今秋、PSVRが発売になりますよね。恐らく、恐らくなのですが、国内でもこれを期に一気に家庭にVR環境が普及していくんだと思うんですね。

     

    自分自身も昨年からCardboardではありますが、手軽にVRを楽しんできていて、いよいよ本格的なコンテンツが提供されるんだなと思うとワクワクしているわけです。あと、最近では賃貸サイトなんかでもVRで事前にマンションの内見ができるようなサイトも出てきていて、これはペパボでも色々使えるんじゃないかなあと思ったわけです。

     

    そんな中、今年ペパボがリリースした2017年度の新卒サイトは「ペパボでの1日が体験入社できる」というコンセプトで作られていました。これはこれでとっても素敵なのですが、「これVRで体験できたらもっと面白くないだろうか」と思ったのが今回のお産合宿参加のきっかけです。あと、同じ部署にペパボのライブ配信や映像コンテンツを一手に引き受けるウマヅラさんが近くにいたというのも参加の後押しになりました。そんなこんなで作った動画がこちらです。

     

     

    YOUTUBEとかでみても360℃でグリグリ操作出来るのですが、できればヘッドマウントディスプレイ的なやつで見て欲しいです。慌ただしく撮影したので、本当はもっとたくさんのスタッフに登場してもらったり、一緒にランチしたり庄やで呑んだりする体験まで入れたかったのですが、それはまた次回ということで・・・。

     

    あとVRでのライブ配信とかも出来るので、毎年凝った演出で話題になる「普通じゃない説明会」とかもVR配信したらいいんじゃないかなあ。とにかく色々な可能性を感じるので、なんとか普及してもらいたい!

     

    ▲チーム写真、お昼休みに適当に撮ったわりにいい感じで気に入っています。

     

     

    合宿の模様もYOUTUBEにあげたので興味あれば見てみてください。

     

    1日目

     

    2日目

     

    それにしても今年のお産合宿、バラエティに富む内容で面白かったなあ。来年は何しよう?

    BiSHの「オーケストラ」が泣けて泣けてしょうがないからブログ書いた

    2016.09.14 Wednesday

    0

      いやー、BiSHの「オーケストラ」が本当に良い。良すぎて久しぶりにブログ書く気になりました。

      「オーケストラ」はBiSHのメジャーファーストアルバム「KiLLER BiSH」のリード曲なんですが(ちなみに「KiLLER BiSH」自体も名盤なので是非)、泣きの松隈サウンドとBiSHらしからぬ美しい映像のPVがビッタリとマッチしていて素晴らしい!ていうかとりあえず見てみてください!

       

       

      りーめろ先輩とかキャスティングもナイスですね・・。iTunesで先行配信されていたので曲先行で聴いていたんですが、PV見てから、よりどっぷりと「オーケストラ」にハマってしまいました。このPVの何が凄いって、BiSHをこれまで聴いたことがない、知らない人が見ても(ある意味普遍的なPVなので)十分楽曲の魅力が伝わる構成になっているという所と、BiSHをこれまで見てきた人(いわゆる清掃員)にとっては深読みしちゃうようなPVになってるんですね。というのも、このPV、今年の6月に脱退したオリジナルメンバーの「ハグ・ミィ」にあてたメッセージにも読み取れる内容がたくさん含まれてるんですよね。(オーケストラ自体がハグ・ミィの事を歌っているように聞こえる)深読みしちゃうポイントをちょっとまとめます。

       

      1.「オーケストラ」自体が別れを歌っている曲である

      メジャーデビューしておよそ一ヶ月での脱退になったハグ・ミィなんですが、プロデューサーの渡辺淳之介氏も「いまだになんで辞めたかわかんない」と言ってたり、突然の別れ感が半端なく、歌詞ともリンクしている感じがする。ちなみにハグ・ミィの清掃員に向けたニコ生最後の言葉は「最後にSEXしたのは二日前」

       

      2.振り付けの冒頭に「ハグ」をするシーンが入っている

      オーケストラの振り付けはメンバーの「アイナ・ジ・エンド」が作ったようなので、意図的に入れたのかなあと。

       

      3.PVの最後のメンバーの立ち位置で一人分空きがある!

       

      このシーンみて上記の妄想にたどり着きました。ありがとうございました。

       

      と、ここまで勢いで書いたものの、たぶん製作陣にそんな意図はなく、最後の一人分スペースがある問題も単純にハシヤスメがインターバル広げすぎただけな気もしています!でも妄想でここまで楽しめたんだからいいじゃない!

       

      僕からは以上です。

      自分流「必ず成功するダイエット」に必要な5つの事

      2016.07.25 Monday

      0

        突然ですがダイエットしていますか?僕はダイエット頑張ってます。

        6月後半からダイエットを始め、一ヶ月で約4kgくらい体重が落ちました。

         

         

         

        もともと太りやすい体質なのですが、ちょっと油断するとリバウンドしてしまい、あっという間に5~10kgらい太ってしまいます。このまま太っていくのもなんか癪なので、定期的に体重を元に戻すということを2年周期くらいでやっています。

         

        ただこのダイエット成功率100%で(つまり今の所リバウンド率も100%なので意味がない)、割と自分としては確立できたダイエット方法なのです。そして痩せ始めると「どうやってるの?」と必ず聞かれるので、ダイエット期間中に僕がやっていることを簡単にまとめたいと思います。

         

        1.基本的な考え方

         

        一般的に体重を1kg落とすのに必要なカロリーは約7200kcalと言われています。(1週間で1kg落とそうと思ったら、1日-1028kcalになればいいわけです)

         

        つまり、基本的には1日の摂取カロリーを消費カロリーが上回れば徐々に痩せていくという仕組みです。自分が行っているダイエットは、レコーディングをきちんとすることが成功の秘訣になります。

         

        2.サポートするアプリをスマホに入れる

         

        摂取カロリーや体重、運動などの記録用にそれらをサポートしてくれるアプリをスマホに入れましょう。

        僕が使っているのは下記です。

         

        • カロリー管理(痩せるアプリ)

         

        ios Android(なし?)

         

        このアプリは有料ですが、使いやすくおすすめです。自分の基礎体重などの情報や、目標体重などを設定すると自動的に1日に摂取してよいカロリーが表示されるので、食べ過ぎ抑制が出来ます。さらに基本的な食事のカロリー情報や外食チェーン店のカロリーなども予めアプリにセットされているので、調べるのが億劫でつけ忘れる、ということもなくなります。体重や体脂肪の記録もこのアプリで計測していきます。

         

        ▲摂取カロリーと消費カロリーを細かく管理する。

         

         

        • Runkeeper

         

        ios Android

         

        運動はウォーキングやランニングをベースにして消費カロリーを稼ぎます。この管理にはRunkeeperがもってこいです。一部機能は有料ですが、無料版でも問題なく使えます。カロリーや体重の管理だけでなく、運動のアクティビティも記録していくと達成感があって非常に良いです。運動も楽しんでやりましょう。

         

        ▲運動のアクティビティも貯めていくとモチベーションが上がります!

         

        • Pokémon GO

         

        ios Android

         

        ただ運動するのに抵抗がある方はPokemon GOでウォーキングするのも良いかも知れません。

         

         

        3.体重計で毎日必ず体重を計測する

         

        どんなに食べ過ぎて直視したくない日があったとしても、絶対に必ず毎日同じ時間に体重計に乗ること。これが継続されなくなった瞬間がダイエットの終わりです。逆に継続できれば、たとえ食べ過ぎた日があったとしても「今日は少し食事制限しよう」とか「いつもより長めに運動しよう」という感じでキャッチアップ可能です。

         

        4.食事を見直す

         

        カロリー管理をしはじめると、いかに自分が大量にカロリーを摂取していたかに気づきます。無駄な間食や、3食高カロリーにならないように気をつけることや、僕の場合は夜は炭水化物を完全に抜いています。(でもビールやハイボールは飲んでいる)一食質素にするだけでも随分違うはずです。あと、食べたい時は食べるようにしています。無駄にストレス溜めても仕方ないので、2~3日の遅れはこの際目を瞑りましょう。

         

        5.適度に運動する

         

        社会人生活、なかなか運動する時間を取るのは難しいと思いますが、通勤時に一駅分歩く、バスに乗らずに歩く、という事を繰り返すだけでもそこそこの運動になります。(僕は時間に余裕がある時は5キロくらいランニングをしています。)あとお腹周りがたるみやすいので毎日腹筋100回を心がけています。

         

         

         

        ざっとこんな感じでしょうか。書けば書くほど当たり前の事に感じてきましたが・・・。

        慣れてくると体重が落ちていくのがどんどん面白くなってしまい、ストイックになりがちなのですが、やはり生活習慣を変えるように徐々に色々慣らしていくのがリバンドしないコツなんだろうなと思っています。今回のダイエットこそリバウンドせずに維持できるように頑張ります・・・!